忍者ブログ
ぼくだよー
HN:
甘茶、あまちょ、アマーTてめー!
HP:
性別:
男性
職業:
ヘビーアーマー
趣味:
聖剣つまようじ竹串Edition
自己紹介:

何、ジョジョ?
黒背景に白文字は見づらい?
逆に考えるんだ。
以下略だと考えるんだ。

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フォローしてください
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
夏の夜の 神社に響く 下衆な声
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

別に僕が動画をアップロードしたとかそういう意味じゃないよ。



・今日のガチムチ






もう皆さんご存知だと思うので、割りとどうでもいいことなんだけど、
今冬に開催されたコンテスト『家ゲーツクール祭SP』の結果が出ましたね。

並み居る強豪を押しのけて優勝をかっさらっていったのは、
やゆよさん作、「すっごい!ウトイサハート」という、
やゆよさんの人物像、及び前作「スーパーウトイサ2001」を知らなければ、
果てしない地雷臭を醸しだすタイトルの作品でした。

やゆよさんオメデタス。




駄菓子菓子!




だがしかしですよ。

僕個人としてはむしろ今回のコンテストではゆうさんを評価したい。
今回のコンテストで、ゆうさんのLiecreeDがある種の呼び水になったことは疑いようのない事だと思うんですねぼかぁ。
いや、ドラクエinツク3しかプレイしてねーお前が何言ってんだっつー話ではありますがー。

コンテストってのはね、周知のとおり、千種万様な作風のタイトルが集まる場なんですよ。
中には、己の理想とするスタイルとは真逆の作品もあるわけですよ。
自分の信じる理想のゲームは、他者にとっては夢でもなんでもなかったりするんですよ。
想像通りに行かないことで鬱積していく負の感情は誰しもが抱く物でしょう。


「俺の作品よりもヤツの作品の方が高い評価を得ている理由がわからない」
「俺の作品にはまだ誰もレビューを付けてない」
「俺ならここはこうした方が絶対良くなると思うのに」
「俺より強いヤツに会いに行く」
「師匠またレノベーションっすか」


ですが、こうした悪感情がやがて自分とは正対象の作品に対する興味へと転じ、
それらを主観を極力排除して、客観的に見て一部分でも許容できたとき、
各々のキャパシティ、ひいては見聞が広がっていくのではないかと。

ネガティブな問題が多い祭のほうが、個人的には盛り上がれるんですけどねゲスだから。
ハレーションだけでは後々まで残るものが何も無いのですよ。
皆さん、互いに刺激していきましょう、触発されていきましょう。

そうしてミックスアップしてブラッシュアップしてビルドアップして生み出された作品は、
個人的な好悪に関わらず、何かを印象づけてくれるんですよきっと。


ミックスアップいいじゃないですか。
更にそこから名もなき方々が影響を受けて、新作へのアップ(準備)を始めるかもしれない。
素晴らしいじゃないですか。


現に僕もタイトルにあるとおり、今まさにアップをしていますからね。
何故かってまぁ最近ジョギングをしているのでそのための準備運動ですが何か?


バカめ!ツクールのことだとでも思うたか!
ツクールとかまず準備段階に入るための服が無いですしお寿司ー。





上手く落ちたところで今日はこのへんで。



・今日のガチムチその2






・今日のガチムチその3




やはり古典派とボンマスはいいものだ…
PR
※前回のあらすじ

こげさんのたこ焼きはイカ臭いたこ焼きだった。













ツクール的会話を繰り広げながら、ついにたどり着いたドクター邸。

皆が玄関から入る中、ゆうさんはかっこいいのでハリウッドのアクションスターばりに
窓ガラスを割って、ドクターの家に飛び込んだっていうそんな感じの設定でお願いします。

ゆうさん、やゆよさんと初対面の方々が多かったので、何人か挨拶をしていくことに。



こげさん
「甘茶死ね甘茶死ね!」

テリーさん
「あなたはバーチャロンを信じますか?」

鉄くずさん
「にゃんとワンダフル。」

ドクター
「師匠は何度でもよみがえる。」



なお、ガルシアさんは2階で就寝中。
アウさんはたこ焼きの代わりに、パチ屋でパチンコ玉を転がしてました。

ひと通り自己紹介を終える面々。
そこでふと、あなすさんがいないことに気づく。



鉄さん
「なっさんは駅までゆうさんたちを迎えに行ったよ。」



THE・挿れ違いってヤツですな。
ちなみにあなすさんが我々を駅まで迎えに行ったことには、それなりの理由があるのですが、
それをこの場で言うことは難しい、とだけ申しておきましょう(へばん

そんなこんなで完全にメンツが揃ってはいなかったのだが、
昼時ゆえに空腹に耐えかねた我々は、とりあえずとばかりにご相伴にあずかる。

鉄さん作と見せかけて実はドクター作の牛丼だぜ!



やゆよさん
「お、美味しそう…パクパク。」

ゆうさん
「クッ…これは!口に含んだ瞬間、鼻腔を駆け巡り、噛むことによって更に広がる芳醇なタレの香り!噛みちぎるたびにジュワッと溢れ出る肉汁のなんと濃厚なことよ!野菜の爽やかな風味とも絶妙にマッチしておる!!!極めつけはこの御飯!肉を味わっている間にハラリハラリとほどけ、それでいてふぅわりとした食感が米のひと粒ひと粒から感じ取れる!!!素材の旨味を損なわず、米・野菜・肉の持つ可能性を最大限まで引き出すとは…フフッ…これはいかな私と言えども満点を与えぬわけにはいくまい…ッ!!!」



余談ですが、僕は将太の寿司が大好きです。
あまりの美味しさにおかわりをするゆうさん。



ゆうさん
「プハーッ!食ったぜ!」



夜王LOVEのあなすさんをリスペクトしてみた。

食事を終え、一段落したところであなすさんが帰ってきたっていうか、
昼食とあなす帰還とどっちが先だったか、ぶっちゃけもう覚えてないよ!
あ、でも飯食ってるときにやゆよさんとあなすさんが北斗の拳で対戦してたから、
やっぱりあなすさんが先に帰ってきてたのか。
こまけぇこたぁいいんだよ!



ゆうさん
「初めまして、ゆうです。(ニコッ」

あなすさん
「ぐわあああ!ヒィィィぃ!!!溶けるうう!!!体組織の約7割が溶けるうううううう!!!」



ゆうさんのあまりの神々しさに思わず液状化してしまったあなすさんは、
単細胞生物「ヌァースゥーン」へと進化を遂げて生き延びることに成功する。
あとついでにこげさんも溶けた。

その後はアウさんがいないのであなす(秋田)、甘茶(東京)、こげ(静岡)の3人、
いわゆる組織最悪のヘンタイ3人衆でたこ焼きを焼いてみた。

ニコ動風にすると

【たこ焼きなのに】たこ焼き、焼いてみた【イカ臭い】

みたいな。
うるせぇほっとけ!



こげさん
「このたこ焼きがどうにもおっぱいに見えて…熱っ!アッー!あふん♥あ、熱っ!あふっ♥」


「(具のたこをつまみながら)あ、ウメー。」



お前らたこ焼きナメんなよっつー話ですよ。
ちなみに、ゆうさんのリア充オーラと鉄板の熱によってこげさんは完全に溶けました。

皆でゲル状のホゲさん、略してホゲルを片付けていたとき、
カサンドラ獄長アウイグル様が蒙古覇極道で玄関を破壊して帰還。

そこには、以前見た時とはまるで異なるスリムアップアウさんがいた。
まぁ元から標準体型だったと僕は思うが。

初対面なので、ゆうさんとやゆよさんに自己紹介をするアウさん。



アウさん
「おい、俺の名を言ってみろぉ!」


や・ゆ
「わ、わかりません…」

アウさん
「そうかぁ…この胸の7つのたこ焼きを見ても誰だかわからねぇかぁ…
 もう一度だけチャンスをやろう…」

や・ゆ
「こ…こげさん…?」

アウさん
「俺は茶色がでぇっきれぇなんだぁ…!」



一方、二人がFATAL K.O.されてる横で、盛り上がりを見せる北斗勢。
やゆよさんがあなすさんの命を投げ捨てている最中、僕はといえば、
ゆうさんに誰もが聞きたいであろうあの話、「ポーランド戦」のインタビューを敢行する。


あまり詳しく書くのもあれなので要約すると、
ゆうさんのバスターキャノンで敵基地攻撃フレンドリー。

あと、ゆうさんに見せていただいた写真の女性がめっちゃ可愛かった。
どれくらいかっつーと土下座して拝み倒して先っちょだけでもいいからお願いしたいレベル。
ついでに写真と聞いてこげさんはマン拓と勘違いしたみたい。

こげさんは凄く頭が良いけど凄く馬鹿なんです。
どうでもいいことだが、この辺りからこげさんは「ヒィィィ」しか言わなくなったらしい。






んーなわけで続きます。
多分次で終わる。


それじゃこの辺で。


※このオフレポは半分くらいフィクションです。
※前回のあらすじ


「後ろにいたの全然気づかなかったなー。」

やゆよさん
「俺の動きは人間では捉えることはできん。」












ゆうさん、やゆよさんと無事合流したので、改めて自己紹介を済ませた後、
おいしいたこ焼きを求めて、ドクターの家へ向かうことにする。

ほぼ初対面同士の3人なので話も弾む中、ふと二人の声が聞こえにくいことに気づく。
ハッハァーン、さては二人とも緊張してるんだな?
まぁオフ会なんてめったにあるもんじゃないし、二人とも若いから仕方ないね。

と、僕が『妖精哲学の三信』の一つに数えられる『許容の心』でもって、
緊張を解きほぐそうと下ネタの一つでもかましてやろうと思ったその時。
なんかGUILTY GEARのかっこいいBGMが先程からしつこく聞こえていたことを思い出す。

あー石渡太輔はスゴイですねぇ、作曲できて絵心あって声優も出来て…
っていうかジャカジャカうるせぇんだよさっきからああああ!!!!!!
全く、イヤホンつけてると邪魔くさくてしょうがねーぜ…イヤホン!?



「はっはっは、イヤホンつけたままでしたよ。」

ゆうさん
「なんでずっとつけてるのか不思議でした。(うろ覚え)」


「なんかさっきから声が聞こえねーなぁと思って。」

ゆうさん
「すごいですねイヤホンつけっぱなしってw(うろ覚え)」


多分こげさん辺りだったら「甘茶さん馬鹿なの?」とか言われてたね。
かっこよくて背が高くて教養があってそれでいてこの優しさ!
この唯一神の翼をもぎ取り、人間同士という対等の存在になるためにも、
一刻も早くこげさんにしゃぶらせるしかないと思った。

そんなとりとめもない会話をしながらドクター邸に向かう道中、
線路の向こうから何やらこちらに呼びかける声が。


????
「にゃもにゃも」

ゆうさん
「こげさんですね」


「ホゲですね」

やゆよさん
「こげさんしかいないですね」


見知った顔ながらも、僕が知るこれまでのこげさんとはひと味違う『漢』がそこにいた。
体を鍛えていると豪語するだけあり、こげさんの肉体は見事の一言。
あの練磨されたザンギエフの如き鋼鉄の肉体を語り、描写するすべを我持たず。
さりとて画像で紹介しようにも上手いこと見つかりませんでした。
人物紹介編でこげさんの画像が無かったのはそういう裏話があったからなんですねー。

でもとりあえずこんな感じ。





あ、これはザンギュラか。
でもメッセでのこげさんの誤字を鑑みるに、あながち間違ってないのが恐ろしい。
このホゲーメスト!

つーか何でこげさんが来てるんだろう。
僕がドクター邸への道のりを知ってる旨も二人を連れてくこともスカイプで散々伝えたのに。



「なんでこげさん迎えに来てんのよ。」

こげさん
「ヒマだから来ちゃった。」


やだ…かわいい…何この萌えザンギ…!

萌えるかボケェ!!!
なんでもまだドクターが起きておらず、特にすることもない状態で暇だったのこと。
そんなわけで引き続きドクターの家へ向かって歩き出す一向。

やはりというか、ツクラーが4人も集まれば話題は自然とツクール関係のことに。


こげさん
「アウさんがいないのは言う待てでもないですね(へばー」

甘・ゆ・や
「何故ですか。どうしてですか。我々には言う待てでもないとは思えない。」

こげさん
「アウさんはパチンカスだったんや…」


いつ何時でもアウさんのパチンカスっぷりに歪み無し。
まぁ、パチンコなら仕方ない。
しかしながら当然、昼食に用意されていると思っていたたこ焼きも無いということに。
だったらたこ焼きは夕食に振舞われるのかと聞いたところ


こげさん
「おめぇらに食わせるたこ焼きはねぇ!」

ゆうさん
「お前の股間のたこ焼きを鉄板という名のベッドで転がしてやろうか。」




いい加減進みたいので次はドクターの家から始まります。

それじゃこの辺で。



※このオフレポは割とフィクションです
2010年11月21日11時35分




6度目のオフ参加、今ではすっかり慣れ親しんだ地に僕は独り佇んでいた。

「うわやべぇ早く着きすぎた…」

いい加減移動にかかる時間くらい覚えろよ!
いやホント、何回来てるんだっつー話ですね。
12時に待ち合わせで11時半到着とか張り切りすぎワロタ。
一応言い訳すると、現在僕が自由に使える自転車が家になくて、
つまり駅まで徒歩ってこたぁ、少々早めに出発してもバチは当たらねぇぜ!

てなわけなんですよ。

どこまでも健康志向…ッ!
今日も元気に生きてます生きてくだけで精一杯、甘茶ですこんちくわ。
最近額が広がったような気がして、学生時代の写真を引っ張り出したらこんなもんでした。
つまり昔から広かったんですね、なんてこった。
中学時代、デコの広いクラスメイトを「デコ広」とか「10センチ」とか「若ハゲ」
とか言ってからかってた報いを、今まさに受けているのかもしれません。
因果応報ってヤツですな、インポモーホーじゃないよ!


というわけでオフレポ第2弾です。
誰がなんと言おうと第2弾です。前回のは第1弾!
僕のブログです、僕がここの神です。
法律もウェッブルールもクソ喰らえだ!

いえーいちんぽーおちんちんびろーん

サクっと行こう。














早過ぎる到着に戸惑っていた僕は、とりあえず駅前にあるファミリーマートで、
今ではすっかり顔馴染みである初対面の店員と言葉を交わすこと無く、
野菜生活(紫)を購入してこれからどうしようか思案する。

「外は温かいし、ツイッターでも見ながらタバコを吸って待つか。」

駅の階段にどっかり座り込み、タバコを吸う25歳。
横を通り過ぎる人々の視線を軽く感じて若干後悔するも後の祭り。
一度火をつけたタバコは吸い終わるまでその輝きを失いません。
いやにじり消せば簡単に消えるけど。

しかしまぁ、こういう少し空いた時間を潰すのにTwitterは非常に便利すなぁ。
フォロー数が多すぎて次ページに切り替えるたびにタイムラインが流れまくってるけどな!

そんなこんなで、待ち合わせ時間10分前になったところで、ゆうさんにメールを送る。

「階段を下りたとこにおります(・)ω(<)⌒☆」

メールを送ってからモノの1分足らずで、こちらに声をかけてくる人物が。
見上げるも頂きは見えず、折れんばかりに首を曲げたところ、
ようやく天世界の門(オーロラサークル)より降り立ちしその貴きご尊顔を拝観。

イケメェ~ン?(^ω^)ペロペロ

いやかっこいいけどまずそれよりデケェ!
体型もスマートでまるでモデルやーん。
中肉中背の俺涙目。



「デッカいっすねー。」

ゆうさん
「いやいや、今ブーツ履いてるからですよ。」


多分あんましそれほどきっと全然関係ないと思うな!
長身の人間には慣れてるんだけど、(幼なじみが185くらいある)
長身のイケメンにはとんとご縁がありませんワタクシ。

全身から放たれるリア充臭(セラフィック・エナジー)に圧倒されつつも、
話好きな性分が幸いして、どうにかこうにか会話に華を咲かせるイケメンと生ゴミ。
そんな折、界隈No.1美少女の呼び声も高いやゆよさんから、着いたとの連絡が。

改札まで迎えに行くもその麗姿は発見できず。
再びゆうさんと会話していたその時、気配もなく背後から忍び寄る影。


やゆよさん
「ホクト!テーレッテーウジョーハガンケン!!!」

「ちにゃ!」
ゆうさん
「ちにゃ!」


やゆよさんでした。
なんでもかなり前から気づいていたとのこと。
声掛けてよ!


やゆよさん
「いつ気づくかなと思って。」


OK 単刀直入な君にバキュンだ。









そんなわけで第3弾のオフレポではドクターの家に3人で向かいます。

続くんですなこれが。






こげ
「金曜バイト入っちゃった」

あなす
「お前ハイパーABでボコるわ」






続くよ!
行ってきましたよオフ会。

ツクールなんてもう一年近くやってない(プレイも含む)僕が。


というわけでオフレポ人物紹介編です。




Dr.Kさん


あ、これはドクター中松だ。
似非紳士ほげさんとは一線を画す本物の紳士にしてオフ会場提供者です。
以前KOF98で対戦した際、格ゲー巧者のドクターをよりにもよって、
オメガルガールのバニシングラッシュで蹂躙してしまって真に申し訳ない。
勝利など容易い!



こげさん
         ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \    <パンツ ズボンは妹と共有するもの。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))





      / ̄ ̄\  
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)     <おめーだけだよ!!!!!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’ブベラ
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/.. >>芋 | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J



あなすさん


家庭用ツクール界隈2010秋オフ会で一番の悲劇の人。
お酒を飲むと語彙が豊富になることであまりにも有名である。
「pワーブレード」「rンダムブレード」「jンプブレード」「aブソリュートブレード」
秋田県民なのにもんじゃ焼きを焼くのが妙に上手いんですなこれが。
ククッ…



ゆうさん


軒並み170㎝台の組織を脅かす190㎝近い長身を誇るイケメン。
驚異の真・トレーマ式ブーツイン殺法によって、外出時は余裕で190超えてます。
でもレロレロです。
ジェネシスアポカリプスとかもう「レレリルラロラリルル」でいいんじゃないかな!



鉄くずさん


ルネッサーンス情熱ー僕のこの手はー♪
これはミスター味っ子か。ちなみに画像は「ザ・シェフ」の味沢さんです。
ほっしっぞっらをみあーげーているー。
何が言いたいかっつーと、まぁ料理がもの凄まじく上手い人です。
その場の雰囲気もあるんでしょうけど、下手な定食屋で食うよりずっと高品質よ。
そのいい声は、こげさんよりもラジオパーソナリティに向いてると専らの評判。



テリーさん


CSO界隈から我々をヘッドショットするために送られた刺客。
でも俺はアンインストールしたから関係ないね!
ツクール3に手を出すばかりでは飽きたらず、かなでーるにまで色気を示し、
ガルシアさんと共謀して、僕のような恥知らずなかなでーる使いのお株を奪う罪な人。



ガルシアさん


2chの主として、怖いもの知らずのツクール生活を謳歌してきた彼だが、
そんなガルシアさんにもただ一つ恐れるものがある。
それはこげさんのunkです!
実は組織一の気遣いを見せる好漢だったりする。
ちなみに、たった数カ月で1年ちょいの間、僕が公開していたかなでーるの数をあっさり抜きました。
お、俺にも気を使って!!!



やゆよさん


酒のアルカナ『チュウジョッキー』を契約アルカナに持つ美少女ツクーラー。
南斗食パン拳のかっこいいポーズを決めたらシャッターチャンスだ!
ツクーラーとしてだけでなく、レビュアーとしても非常に優秀な稀有なお人。
バランスは投げ捨てる物ではない…



AUさん


界隈女性ツクーラー第一人者。
女性!私もお話したいです(へっばぁー
バランス重視、シナリオ重視、ゲーム性重視を声高に叫ぶ界隈において、
驚愕の新ジャンル「猫重視」を確立したトップブリーダー。
今日もカサンドラに猫の悲鳴が響き渡る…!




あ、続きます。
界隈においてコンテストと言えば、これまで夏に開かれるのが常でした。
ご多分にもれず、今年も夏に開かれましたしね。

ところがどっこいカテツク界隈では既にベテランながらも、
リアルではまだまだ血気盛んな若獅子、ワンダーボーイ鉄くずさんがやってくれました。




こちら→




ありがてぇ…ありがてぇ…

僕はね、コンテストは年に一度なんてケチ臭いことを言わず、
いくつあっても良いんじゃないかと常日頃から思ってたんですよ。

そこへ来て、意気軒昂にして老獪さを併せ持つ鉄くずさん主催ときたら、
これはもう皆さんこぞって参加するしか無いですね!

あ、僕は参加できないよ?

…いやホントに。
冗談抜きで。

俺が参加したら家ゲーじゃなくて家ゲイになっちまうだろばか!




あ、そうそう、ご存じないかもしれませんが僕もTwitterやってるんですよ。


>コンテスト公式のほかに、私( @awawa_sae)もいます。
家庭用ツクールユーザーでtwitterを日常的に使ってらっしゃる方は他に、
あなすさん( @anasponpon)、こんどーさん( @unzarist)、ゆうさん( @yuyak_lastar)がいます。



あ、目から鼻水が…

それじゃこの辺で。

Copyright: 甘茶、あまちょ、アマーTてめー!。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆