忍者ブログ
ぼくだよー
HN:
甘茶、あまちょ、アマーTてめー!
HP:
性別:
男性
職業:
ヘビーアーマー
趣味:
聖剣つまようじ竹串Edition
自己紹介:

何、ジョジョ?
黒背景に白文字は見づらい?
逆に考えるんだ。
以下略だと考えるんだ。

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォローしてください
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
夏の夜の 神社に響く 下衆な声
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライトノベルの傾向として個人的に思うのは、

面白い作品ほど作者が遅筆

であるということ。

具体的に作品名だと、
集英社SD文庫の「電波的な彼女」「紅-KURENAI-」、
角川スニーカー文庫「涼宮ハルヒシリーズ」、
富士見ファンタジア文庫の「フルメタル・パニック」、
既に完結している作品ですが、「魔術士オーフェン」「銀盤カレイドスコープ」
等が挙げられます。

断っておきますが、これらの作品は僕個人の主観によってピックアップされたものであり、
刊行されるのが早い作品でも面白いものは多々あると思います。

人によっては「でたまか」が面白いと感じることもあるでしょうし。
僕には月1で可燃ゴミを量産していたようにしか思えませんが。

とまれ、僕が「これ最高!」と思う作品はほぼ例外なく作者が遅筆だという、
嫌な法則が生まれつつありますっていうか既にそうなんですが。

その際たる物が富士見ファンタジア文庫の「風のハヌマーン」ですかね。
てか、もう10年くらい出てねんじゃね、これ?
明らかに続きを意識して終わってるのに1巻が発行されてから、全く音沙汰無し。

どーなってるんですかー!?


まぁそんな感じで23にもなってラノベに夢中な甘茶ですこんばんは。
ホント紅はもうちょっとスピードを上げてくれないかなマジで。
漫画化に続いてアニメ化までしたんだから、もう少し空気読んで下さいよ。


と、ここで思い出すのが依然として行方不明の色次郎さんのこと。

ラノベ=マリ見て=色次郎さん な感じです。
そういえば彼は少女セクトも好きだったなぁ…なんてことを思い出しまして。

そんな色白次郎さんに朗報が。


なななんと!

あの唯一無二の百合エロ漫画『少女セクト』が!!

アニメになるんです!!!(ちなみにこんな感じ

まぁひょっとしたら知っているかもしれませんが、これは驚いた。

ぶっちゃけ大して売れてないだろうと思ってたうえに、
百合というテーマは正直微妙なんじゃなかろうかと考えてしまうわけですよ。

いや、俺は女同士のカラミじゃ正直無理だなぁと。

しかしながら、製作はかのアダルトアニメ界の雄『ミルキー』なので、
作画等のクオリティは全く問題ないことが窺えますね。

ん?ミルキーを知らない?

ハハハ、製作会社をしらなくても『バイブルブラック』の名を聞けば、
その作品の総合的なレベルは言わずもがなでしょう。


というわけで、興味がおありでしたら、購入をご検討されてはいかがでしょうか?

いや、俺は買わんけどね。

つーか結局何が言いたかったんだ俺は。


それじゃこの辺で。


PR
どもども、知る人ぞ知る真実!

つい先日、社会人になりました。

まだまだ、ケツに殻の付いたピヨピヨ言ってるヒヨコちゃんなので、
慣れない環境に戸惑っている毎日です。

色々と自分の想像していた社会人生活とは違っているのですが、
一番ビックリだったのは、エロくて美人の上司がいないことです。

なので、早めに転職を考えたいと思います。



あ、どーも、こんばんわ。
給料日が待ち遠しい甘茶です。
俺…給料が入ったら…でっかいガラスのショーケース買うんだ……。
そして、お気に入りの大猿や神龍のフィギュアを飾るのだ!
ついでに色ぽフィギュアも飾るのだ!!


てなわけで、本題です。


・最近、帰宅途中の電車のなかで、ラノベを読んでいるんですよ。

家にある本の中から適当にいくつか持っていってるんですが、
近頃のお気に入りは「空の鐘の響く惑星で」という作品です。

割りと久々に読んだんですが、
改めて読み返してみると面白いですね。

昨今のラノベには珍しい正統派ファンタジーというか、
強いて言うなら「戦記物」ですかね。
昔は割りと多かったんじゃないかなと思うんですが、
現在ではラノベのジャンルとしてはあまり見かけませんね。

現在の主流はというと、うーんなんだろう…?

個人の主観では良く見かけるかなと思うのは、
現代とファンタジーが入り混じった感じの作品ですかね。
僕はぶっちゃけあんまし好きじゃありませんが。

やっぱ読んでて燃えるのは、純ファンタジー小説なんですよね。
スレイヤーズやオーフェンなんかが全盛期だった頃が懐かしいもんです。

あのころは漫画でも、ドラゴンボールやダイの大冒険とかあったりして、
ゲームではドラクエ・FF以外にもLAL・ルドラ・聖剣なんかのSFCのRPGが絶好調で、
思えば僕にとっての様々な「楽しみ」の全盛期でした。

アニメにしてもBLUE SEEDやスレイヤーズ・爆裂ハンター等、
おそらく最も見ていた時期ですね。

んで、何が言いたいかっていうと、俺いくつになっても成長しねーなぁと。
端的にいうといつまでたっても趣味嗜好が変わらんなぁって。

自分では色々視野を広げてきたつもりですが、
行き着く先っていうか、結局根本的な部分で好きなものってのは、
やっぱり子供じみた冒険物なんですよね。


男ってのはよう…幾つになっても冒険者なのさ…
人生という名の長い旅路をあてども無く進み続けるしかねぇ…
辿り着いた先に幸福なんてありゃしねぇ……
幸せってのはそれぞれが歩いてきた道の上に転がってるもんさ……。


ていうセリフを帰りの電車で思いついたんですが、
よくよく考えたらまるで意味の無いセリフです。
帰りの電車の時間を無駄に過ごしました。

でも、そんな無駄な時間も今じゃ良い思い出ですよね?

と、綺麗にまとめてみる。


そいじゃこの辺で。





wikipedia見てて気づいたんですけどね、

俺、ボウケンジャー見たことあるらしいんですよ!!

…いや、だからどうしたって話なんですけど。

カクレンジャー以降は見てなかったと思ってたから、これは衝撃的でしたね。
再び見始めたのが、マジレンジャーからだと思ってましたよ。
ところが、設定を見てたら何かこれ聞いたことあるぞってのがあって、
多分毎回見てたわけじゃないから覚えてなかったんだと思います。

そういうことって無いですか?
例えば、昔見たエロ漫画の作者がわからなくて、もう忘れた頃に、
何気なく買ったエロ漫画にその作品が載ってたとかね。
こ、これは…あのときの!!!みたいな。

初恋のあの娘と再会したような、そんな気分ですね。
違うかもしれない。


・そして本題

久しぶりに、ラノベを大量買いしましたよ。
いや、全部古本だけれどもさ。

買ったものとその感想↓

・鉄球姫エミリー(集英社SD文庫)
軽めなバトル物かと思ったらどっこい、人死に過ぎ。
都合よく仲間が生き残って終わる話も好きじゃないけど、
主人公以外、仲間が殆ど死ぬってのもどうなのよ。
誰彼かまわず殺せばいいってもんじゃねーぞ。可燃ゴミその1

・Hot Rod(集英社SD文庫)
何この劣化ブラックラグーンな文章は。
ストーリーはとある、小さな盗賊組織の少年の話。
良くありがちな、上司が実は伝説の盗賊でしたってもの。
そこはまぁ、良いんですが会話がね…もうこれはひどい。
世界観が割りと荒廃した感じなので、皆口調が粗雑なのは良いですよ。
ただ、時折見られる、作者が格好良いと勘違いしてるっぽい言い回しはいただけない。
腐るほど読んできた売れないラノベと同じ匂いがする。可燃ゴミその2

・ルナティックムーン(電撃文庫)
電撃の黒い太陽、藤原祐のデビュー作。全5巻。
著者の異名の通り、異常に暗い作品。
これも人がゴミのように死にまくり。
上の燃えるゴミと違って、そういう作風なので違和感はあまり感じないのが怖い。
小難しい設定が多いのはレジンキャストミルクと同じだけど、
こっちの方は徹底して鬱なので、僕はこっちのが好き。お薦めは出来ないが。
てか、この作者は自身のHPにあるショートストーリーが、一番面白い。

・でたまか(角川スニーカー文庫)
全10数巻なんですが、面白いのは最初の2・3巻まででした。
とにかく、主人公マンセー敵自滅の連続。最後は津波で万事解決。
根本的に話の引き出しが少なすぎて泣けてくる。
このクオリティなら月1で刊行できたのも納得ですよ。
可燃ゴミその3


…つまんねぇのばっかじゃねぇか。
有名どころ以外で面白いのって中々無いですね。
売っても二束三文にしかならない、最悪の買い物だった。
かなで~るでもやるか。


今回はこの辺で。



ファミ通文庫の「文学少女」シリーズの話。
いやー、面白いですねーこれ。

毎回登場する人物や主人公が、鬱屈した悩みを抱えてたり、
それらの人物を取り巻く状況が事件性を孕んでいて、
そこに様々な「文学」を上手く絡めてたりして、
最後が微妙にハッピーエンドで終わらないあたりが実に僕好みです。

語り手の恋愛模様も中々進展しないもどかしさがありながらも、
ゆっくり確実に進んでいって、
描写も甘辛酸っぱ苦くて、読んでてなんとも言えない気持ちになります。

ここで注目したいのが、
この本の主人公「天野遠子」についてですね。
この主人公、自らを文学少女と名乗るんですがね、
見た目は長い三つ編みに透き通るような白い肌の純和風な美少女で、
胸はぺったんこなセーラー服がよく似合う、まさに古風な文学少女のイメージです。

そして、この主人公の主食は本です。

ん?も一度言いましょうか?本です。

まぁ、正確には本ではなくそこに書かれた文章、つまり物語なんですね。

この物語を食べた後の、主人公の感想がとても良いんです。
普通のレビューや感想とは一線を画した、
ストーリーを様々な食べ物に置き換えて紡ぎだされる言葉は、
とても繊細で美しく、その光景が思い浮かぶほど詳細で鮮明なんです。

この部分だけでも読む価値はあります。

この作者が「赤城山卓球場」とか書いてるときは、
正直、ツマランとか思っていたんですが、これはマジで面白いのですよ。

小説が好きな人は一度読んでみることをオススメします。
線の細いイラストも作品の雰囲気をよく表していて素敵です。


冬のこたつのお供にどうですかー?


それじゃこの辺で。





遂に…

遂にあの作品が…!

紅が…

キタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!

この時をどれほど待ちわびたか…!!

てか一年四ヶ月ですよ!

遅ぇよ!!

どんだけ待たせんだよ、ちきしょーめ!

ですが、作品を読めばそんなマゾプレイに耐えられたのも納得です!

これは、これは面白いぞぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー!!!

相変わらずの確かな文章力!
それでいて、馬鹿な俺でも読みやすい!!
そんな文章を一層彩る可憐な華のようなイラスト!!!

そして!

何より!!

魅力的な女性キャラクター陣の数々!!!

紫たんハァハァ

銀子たんハァハァ

夕乃たんハァハァ

環たんハァハァ

闇絵たんハァハァ

散鶴たんハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ


心なしか、本が若干薄っぺらいけどそんなのは気にしない。

何せ今回は上下巻なのだから!

下巻が出るのが待ち遠しいぜ!!

これで寒い冬を乗り切れるってもんですよ!!!


それじゃこの辺で。
正直もう出ないと思ってたから、これは本当に嬉しい。
いつの間に300HIT超えてたんですね。
カウンターあんまし見ないから気づかなかった。
あまりにも人が来ないので、サイト名を
「ユンザビット高地」に改名しようとか思ったりはしてません。

オリハルコンの如き硬さが戻ってきました。

…ん?何の話かって?
便ですよ、便。
ちなみに僕は甘茶です。

毎回下品で御免なさい。

・集英社スーパーダッシュ文庫の「紅」がアニメ化するんですね。
これはとても面白いので興味がある方は読んでみてください。おすすめです。
同じ著者(片山憲太郎さん)のデビュー作、「電波的な彼女」も
おすすめです。てかこっちの方が好きだったり。
最初は不良少年とオタク娘のラブコメっぽい話かと思うのですが、
読み進めていくと全然違います。
雰囲気は割りと暗め。
っていうか主人公がかなりネガティブです。
僕は後味のあまり良くない話がわりかし好きなので、
これはもう、もろにストライクでした。
イラストもこのなんともいえない雰囲気を出すのに一役かってます。
この二人(片山憲太郎、山本ヤマト)はあれですね。
かつての原哲夫&武論尊に匹敵するゴールデンコンビです。
文章もデビュー作とは思えない位上手いのでとても読みやすい。
興味がある方は是非!

…続きが一向に出ませんけどね…

・相変わらずかなで~るやってます。
んで、新たに追加された「Strange Medicine」という曲は
ホームページのタイトルにする位好きな曲なので、
このサイトを作ろうと思ったときから絶対作ると決めてました。
ただ、あの独特の危機迫る感じは出せませんでしたね。
これはもう少し腕が上がったら手直ししたいです。
この曲だけは妥協したくない。
あれ?いまのかっこよくね?
よしもう一回。

おっほん!

この曲だけは妥協したくないんだ…

改めて見るとそうでもなかったorz

ちなみにもう一個の曲は、「FINAL FANTSY USA MYSTIC QUEST」
というゲームの雑魚戦の曲です。
楽器全取っ替えですよ。ギターがショボ過ぎるよかなで~る…

・リンクが増えました。いや勝手にしちゃったんですけどね。
んであそこで何故突然、色次郎さんのサイトをチョイスしたのかというと、
実はこの界隈で初めて接触したのが色次郎さんなんです。
掲示板で一言しゃべっただけですが。
お借りした素材もちゃんと使っています。
この調子でリンク100個くらい増やしたい。嘘です。

おお!ここまで下ネタがない!ミラクルですよこれは!!
まぁ別の意味での下ネタはありますが…

長くなってきたので、この辺で。
俺のシェフチェンコが彼女のババンギダにラーションと共にインテルした時、
彼女は言った。
「コクー、コクー、もうこんなにネドヴェドしてきてる。
も、もう我慢できナイジェリア。い、イク!イグベパー!」
「で、出る!デルピエロ~!!」ムトゥッ

イグベパだっけ?イグペパだっけ?
どっちだろう。
甘茶です。

タイトルはラーメンですよ、もちろん?

・本題
久々にオーフェン読んでます。やっぱ面白い。
短編が面白いんですよね。
「超有能無能警官」とか「SSW(死んだ魚でレスリング)」とか、
どうやって思いつくんだ、こんな言葉。
言葉といえば呪文も独特ですね。
「我が契約により聖戦よ終われ」なんてかっこよすぎです。
夢中でラストまで読んでしまった。

・仲間を求めて
ヤミコン勝手にリンクしちゃっていいんですかね?
もうしちゃったけど。
変態以外OKとか書いてあれば問題ないんですけどねー。
何せ純情派ですからね。僕は。

今日は夕方から飲み会です。
カルピスサワーしか飲めません。ビール中ジョッキ2杯で吐きます。
2時間位したらトイレがリバースルームになります。

…こんな下品なブログにするつもりはなかったのに。
どこで間違えたんだ…終わり方がわからねぇし…
でもそんなの関係ねぇー!

よし収集ついた。
今回はこの辺で。

※かなで~る3曲UPしました。出来の悪さは折り紙付きです。

Copyright: 甘茶、あまちょ、アマーTてめー!。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆