忍者ブログ
ぼくだよー
HN:
甘茶、あまちょ、アマーTてめー!
HP:
性別:
男性
職業:
ヘビーアーマー
趣味:
聖剣つまようじ竹串Edition
自己紹介:

何、ジョジョ?
黒背景に白文字は見づらい?
逆に考えるんだ。
以下略だと考えるんだ。

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フォローしてください
ブログ内検索
カウンター
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
夏の夜の 神社に響く 下衆な声
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【5月4日】
GWメインイベント、組織定例議会。
参加者は
・ドクター
・鉄さん
・テリーさん
・こげさん
・まじんさん
・ワイエスさん
・ゆうさん
・僕


コンキリさんはうんこが漏れそうだったので朝一で帰りました。
お疲れさまでした!頑張って踏ん張ってください!!!
一方の僕はといえば、夕方に参加するつもりだったのですが、
予定より早めに起きちゃったので、少し時間をずらして3時頃に到着。
誰一人として僕を歓迎しないムードが、まさにマニュアル通りの甘茶さんの扱い方。
甘茶さん参戦も何するものぞ、気にせずスマブラをやる組織の面々。




「これがスパ4かぁー。」

ドクター
「何言ってるのこの甘茶さんは。」


「これってマジで聖帝十字陵なんですか?」

ドクター
「何言ってるのこの甘茶さんは。」



ななな泣いてねーし!(´;ω;`)

そんなことより僕が気になったのは、未だ拝見したことのないワイエスさんのご尊顔。
一同を見渡していくと、なにやら見慣れぬ後ろ姿を発見する。
オマエダ!




「あれ、ひょっとしてワイエスさんですか?」

ワイエスさん
「あ、そうです。」


「おおー、スカイプで話した印象と違…」

ワイエスさん
「プイッ!」



(;^ω^)…あれ?
よ、よそ見だとおおおおおおおおお!!!(スマブラやってたので当たり前だが)
それにしても「はじめの一歩」の青木を彷彿とさせる見事なよそ見である。
人見知りなのかな?
まぁ僕みたいな怪しげなヤツに、初対面でいきなりフランクに接しろってのも無茶な話だ。
とりあえずこげさんをいじめておこう。
軽いジャブとしてこげさんの財布の中身を探ってみる。



こげさん
「3万ですよ?」



夕飯はこげさんの奢りであることが確定した瞬間である。
つべこべ言ってねーで身ぐるみ置いてけや。
ガタガタうるせぇんだよ!わかったかぁ?

とまれ、こげさんのおかげで夕飯の会計に気を揉む必要が無くなったので、
着替えるために僕の近くに移動してきたまじんさん、横にいた鉄さんと、
先日の飲み会や立体物、その他諸々に関するトークを展開していく。
鉄さん痩せたなぁ。
でも後にスカイプで聞いたところによると、体重自体は減ってないらしい。
慣れない一人暮らしに加えて新天地での学生生活。
フラストレーションが溜まってるんだろうなぁ…と勝手に解釈しといた。

その間にも、興味ないね…と言わんばかりにスマブラで盛り上がる組織。
相変わらず歪みないヤツらである。
話している合間合間に、上空から絨毯爆撃してくるこげさんの悲鳴も健在。
彼の声が持つ底知れぬポテンシャルに、僕は驚愕の念を禁じえない。

ちなみに我々は普段スカイプで話しているので、今更真新しい話題なんぞ無いのだが、
とりとめのない話に花を咲かせるってのも乙なもんで、これぞオフ会という感じがします。
でもそんなに長くは続かないので、とりあえず一息。
まじんさんがズゴックを体育座りさせる仕事に入ってしまったので、
僕はふと目についたRPGツクールVXのパッケージを手に取ってみる。
相変わらずパッケージのイラストがカワユス。
エルフがいいんだよエルフがよぉ…!
しかし悲しいかな、僕の3bitの脳みそでは、説明書を読んでもチンプンカンプンである。
ここで目ざといドクターからの詳しい解説が入る。



ドクター
「VXはほにゃらら(言語を僕の脳内では処理しきれなかった)」


「へえええ」

ドクター
「スクリプトがあびゃびゃ(言語を僕の脳内で以下略)」

まじんさん
「Rubyが使えるからおしゃまんべー!(言語後略)」

ドクター
「RGSSでC言語びろーん(略)」


「へえええ」



なんだこれbotか俺は。
組織のbotはチンチンバキュームbotのこげさんだけで充分だってのに。

しかしやることが無くなってしまった…いいこと思いついた。
お前(こげさん)自分のチンチンをバキュームしろ。

チュゴゴゴゴゴ
ズージュルルッ
チュパチュパ



ゆうさん
「どうもお久しぶりで…お邪魔しました。」



ゆうさんだ!
ゆうさんであらせられるぞ!



ドクター
「ゆうさん、いらっしゃいませ!」

テリーさん
「見てくださいテムーティーのこの色艶、そして美しいフォルム!
 近代科学の粋を結集した多機能性を持ちながら、
 どこか獣のような野性味も感じさせる…
 現代に舞い降りたエンジェル…野生と科学の融合、それはバーチャロン…」

こげさん
「チュパッチュッペロペロ…」

鉄さん
「ご飯出来たよ!」

まじんさん
「体育座りはもうちょっとこう…前傾になって…」

ワイエスさん
「テムーティーを語る上で兵装や外観にばかり目を奪われてはいけない…
 恐るべきはその機動力!
 並の弾丸など弾き返す装甲を持ちながら、決して機動性を損なわない…
 更に高速移動の中でも驚異のヒットレートを誇り、目からビームを発射、
 極めつけは穏やかな心と激しい怒りによってスーパーテムー人になることも可能なのだ。」

こげさん
「ブッチュレロレロ…ドピュッ!」



まさかの100%フィクション。
もう覚えてねーよ!









というわけで次はもんじゃ焼き屋から始まります。


続きを待て!
PR

Copyright: 甘茶、あまちょ、アマーTてめー!。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆